未経験の仕事に応募する前に心得ておくこと

未経験の仕事に応募する前に心得ておくこと

 現在の仕事に限界を感じていたり、仕事内容が自分に向いてないと思っている場合には、思い切って未経験職へ転職をして新天地へ踏み出してみるのも人生の醍醐味ですが、未経験職の求人を受ける際には知っておいた方が良い心構えがあります。

 

 

未経験職は難しい仕事を選ばないのがベター

 

 未経験職を受ける場合には、やはり難易度の低い仕事を選ぶのがベターです。仕事内容が単純で覚えやすいものも方が、途中でくじけずやr続けているうちにスキルが身についていきますし、何より競争相手が少ない場合は多いので、合格もしやすくなります。

 

 ただし、難易度が低いがゆえに待遇がイマイチだったり途中で飽きてしまいいい加減な仕事をするようになる可能性も出てきます。

 

未経験職でも前職との共通点を見つける

 

 未経験職とはいっても、例えばですが以前はサービス業をしていたけれど、転職先が販売職だった場合、共通するワードは「お客様を接客する仕事」という部分です。

 

 同じ事は営業職にも言えますが、この職業に共通するのは「お客様にいかに満足していただけるか」この部分を頭の片隅に置いて仕事をすることで、前職で学んだことを活かすことができるので、自然とスキルアップをすることができます。

 

 未経験職での面接で一番重要視される志望動機は、自分がなぜこの仕事を選んだのかを、面接官を納得させられるような言葉で伝えることが重要ですので、事前に質問されそうな内容をおさらいしておき、面接に望みましょう。

 

 

お役立ちサイト
http://xn--50e-m73b5g5fw633b2e9ade1a.net/
50歳の転職は十分な計画が必要不可欠


ホーム RSS購読 サイトマップ